HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】長期品・新ルール‐田辺三菱に影響大

2014年3月10日 (月)

50品目以上が特例引下げ

 厚生労働省が告示した薬価基準改定で、後発品への置き換えが進まない長期収載品の特例引き下げが行われた。国内製薬企業の影響を見ると、最も厳しい2%の特例引き下げを受けた品目が多かったのは、田辺三菱製薬が6成分12品目でトップだった。後発品への置き換え率が20%以上40%未満の長期品に適用される1・75%の特例引き下げを受けた品目も、田辺三菱製薬が15成分37品目と最も多く、大きな影響を受けたことがうかがえた。

 今回の薬価改定では、後発品収載後5年が経過しても、後発品への置き換え率が60%に達していない長期品を対象に、3段階の特例引き下げを行う新ルールが導入された。

 後発品への置き換え率が20%未満と、最も置き換えが進んでいない長期品には2%の特例引き下げが行われ、田辺三菱製薬が6成分12品目と最も影響を受けた。次いで大日本住友製薬が5成分16品目、外用薬が中心の久光製薬も5成分13品目と影響が大きかった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録