HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日医】現行評価療養で対応可、「安全性が最大の問題」‐選択療養で日医が反論

2014年4月22日 (火)

 規制改革会議の改革案を受け、日本医師会は17日に記者会見し、「選択療養」に反対する見解を改めて表明した。横倉義武会長は、「安全性を確保できるかどうかが一番の問題。評価療養の範囲で十分」と述べ、現行制度で対応可能との考えを強調した。

 日医は、新しい医療提供に当たっては、安全性、有効性の客観的判断と将来の保険収載が大前提と主張。特に内容を理解することが難しい先進医療を受けるかどうか患者の自己責任に委ねることは、有効性、安全性のない治療やエビデンスのない民間療法を選択させられる危険性があると懸念を示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録