【新製品】小細胞肺癌腫瘍マーカー試薬「エクルーシス試薬ProGRP」発売 ロシュ・ダイアグノスティックス

2014年9月26日 (金)

 ロシュ・ダイアグノスティックスは、小細胞肺癌の確定診断で補助的に用いる腫瘍マーカーのガストリン放出ペプチド前駆体(ProGRP)の測定試薬「エクルーシス試薬ProGRP」を新発売した。売上目標は年間6000万円程度を見込んでいる。

 電気化学発光免疫測定法を測定原理とするロシュ製の自動分析装置を用いて、30μLの微量検体をわずか18分で測定できる。開封後6週間、自動分析装置上で安定性を保つのが可能となったため、検体数が少ない医療機関の検査室にも対応できる。

 同社は、肺癌の腫瘍マーカーとして、CEA、CYERA、NSEの測定試薬を販売しており、新たにProGRPを加えることで、製品ラインナップを拡充。同一検体で必要な項目を同時に測定できる。

 希望小売価格は、100テスト用12万5000円(税抜)




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録