HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中医協薬価専門部会】営業利益率補正にポイント制‐原価計算方式で定量化ルール

2015年3月24日 (火)

 原価計算方式の営業利益率の補正率を「ポイント制」で定量化する厚生労働科学研究の結果を、研究代表者の成川衛氏(北里大学薬学部准教授)が、18日の中央社会保険医療協議会薬価専門部会で報告した。過去の薬価算定で適用された補正率と、ポイント計算による補正率の定量化ルールの評価が概ね一致していたことから、今後、新たな指標として用いることを決めた。

 新薬の薬価算定のうち、原価計算方式の「営業利益率」には、既存治療と比較した場合の新薬の革新性や有効性、安全性の程度に応じてマイナス50%からプラス100%の範囲内で補正することができるが、補正にかかる要件の記述が詳細ではないなどの理由から、補正率は過去の評価実績を参照して決定されており、定量化が求められていた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録