HOME > 無季言 ∨ 

継往開来をテーマに

2015年7月3日 (金)

◆日本薬局協励会(協励会)の第66回東京全国大会が6月20、21の両日、東京ビッグサイトで開催された。式典をはじめ、混合協励会や懇親夕食会、各分科会や特別講演など盛りだくさんな内容で、2日間の大会を盛り上げた
◆66回を数えた今大会では「継往開来―未来を切り開く協励の心」をテーマに掲げた。継往開来という言葉には、“過去のものを継続し、それを発展させながら将来を開拓していく”という意味があるという
◆過去だけに固執するのは良くないが、“継続は力なり”という言葉もあるように、続けていくことが大きな力となる場合も多い。また、そうした力が新たな未来へとつながる道を切り開いていくのだと思う
◆医薬品のインターネット販売解禁や会員の減少など協励会が置かれている現状は厳しい。しかし、協励会には66年という歴史があり、その間に築き上げてきたものがある。それらを大切に継続しながら未来へ向かって新しいものへ挑戦するという姿勢で、協励会の今後のさらなる発展・繁栄を期待したい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録