HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ジャパンブリッジ】協和発酵と資本・業務提携

2007年9月26日 (水)

関連検索: ジャパンブリッジ 協和発酵 資本・業務提携

 伊藤忠商事などが出資するバイオベンチャーの「ジャパンブリッジインク」(東京事務所・東京都港区)は、計650万ドルの第三者割当増資を実施し、日本での事業を本格化させることになった。業務面では、協和発酵と日本での抗癌剤、癌疼痛治療薬など支持療法剤の医薬品の開発・販売で提携、外部から導入する新規開発品の共同開発・販売を目指す。

 ジャパンブリッジは2006年に設立された。今回、増資額650万ドルは米国のベンチャーキャピタルのMPMキャピタル、協和発酵、伊藤忠から調達した。これにより204品目の導入を図る方針。

 協和発酵との提携では、同社は「臨床開発・薬事及び許認可取得のためのサポートを得ながら、協和発酵と共同開発・販売ができる抗癌剤の製品のインライセンスを狙う」としている。この提携で協和は、ジャパンブリッジが開発する製品に対し、共同開発権・共同販売権を行使できるオプションを得た。

 また、今回新たなCEOとして元ムンディ・ファーマ社長のスティーブン・エンゲン氏が着任した。エンゲンCEOは「欧米のバイオテク企業との密接な関係を利用して、日本市場にいまだ導入されていない製品を探索し、スピーディーに開発・承認を取得していきたいと考えている」としている。

関連検索: ジャパンブリッジ 協和発酵 資本・業務提携




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録