HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ワイス】’10年までに売上高1000億円へ

2007年10月3日 (水)

関連検索: ワイス

 ワイスは、2010年までに売上高を現在の6割増の1000億円以上を目指す。承認申請している小児用肺炎球菌ワクチン「プレベナー」ほか、4品目の新薬を成長ドライバーにする。倉田進社長は、目標達成のためには「ドラッグラグなく上市し、患者に届けることが重要だ」と述べ、新薬が増えるのに合わせ、マーケティング機能を中心に新組織の構築を進める姿勢を示した。

 同社の06年度売上高は609億7400万円。主力品は関節リウマチ剤治療薬の「エンブレル」

 成長ドライバーの4品目は、既に承認申請しているプレベナーや腎細胞癌治療剤「トーリセル」と、今年中に申請を目指している抗菌剤「タイガシル」、骨粗鬆症治療剤「ビビアント」

 倉田社長は、目標を達成し、その後も持続的な成長を続けるためには、「(海外パイプラインの)導入、販売を円滑に行える組織体制が必要」と強調。研究開発面では250人体制で十分に対応が可能なものの、マーケティング面では人材などが不足していることから、年内にも国内でのマーケティング機能などを強化する方針を示した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録