HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東大薬学系グループ】官能基の導入、新たな触媒反応を開発‐医薬品等の効率的合成に期待

2015年8月25日 (火)

 東京大学大学院薬学系研究科の國信洋一郎氏らの研究グループは、これまで置換困難だった芳香環の特定の位置に官能基を選択的かつ効率的に導入する独自の触媒を開発し、水素結合を用いる新たな反応機構を示すことに成功した。今後、新たな医薬品や機能性材料の開発や、より効率的な合成法の開発に寄与することが期待できる。

 多くの医薬品や機能性材料は、芳香環に官能基を導入することで合成される。しかし、芳香環の特定の位置に選択的に官能基を導入することは容易ではなく、様々な反応や触媒の開発が進められている。特に、最も置換することが困難な位置への選択的な反応は、置換できる化合物の種類が少ないことや、他の位置に置換された混合物が得られてしまうなどの課題があり、より効率的な反応の開発が望まれていた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録