HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【製剤機械技術学会セミナー】複合製品、抗体医薬でも‐患者中心の製剤開発進む

2015年9月14日 (月)

 製薬各社の開発競争が激しい抗体医薬品では、患者による自己注射が可能な皮下注製剤へのニーズが高まっている。アンプルやバイアルといった剤形から、薬剤があらかじめ充填された「プレフィルドシリンジ」(PFS)入り注射剤やボタンを押すだけで注射が可能な「オートインジェクター」(AI)といった、二つ以上の異なる医薬品や医療機器を組み合わせたコンビネーション製品(複合製品)が増加。中外製薬の幡手圭二郎氏は、4日に静岡市で開催された製剤機械技術学会セミナーで講演し、「自己投与製剤市場が拡大する可能性がある」との見方を示す一方、「コンビネーション製品に対する薬事規制が厳しくなっている」と指摘。患者を中心に据えた製剤設計が必要との考えを示した。

 製薬大手を中心に抗体医薬品の開発が進められており、現在、400以上の抗体医薬が臨床開発中。有望な標的抗原34個に対し、174種類の抗体が開発段階にあるという。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録