HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

癌幹細胞標的薬剤「ナパブカシン」、下期に複数の第III相開始へ‐大日本住友製薬・多田社長

2015年11月2日 (月)

多田正世社長

多田正世社長

 大日本住友製薬の多田正世社長は10月28日、大阪市内で開かれた決算説明会で、癌幹細胞を標的とした期待の抗癌剤「ナパブカシン」(開発コード:BBI608)の開発状況について言及。「現在、ブライター試験(パクリタキセルとの併用)がPIII段階にあり、2017年度に試験結果開示を予定している」とし、「下期には、BBI608-246試験(消化器癌を対象とした他剤併用試験)を含め、あと2本PIII試験をスタートする」との計画を明らかにした。

 また、15年度上期業績では、「北米事業の好調さ」を指摘。戦略3製品の一つとして米国事業を牽引する非定型抗精神病薬「ラツーダ」について、「上期売上高は576億円を計上し、確実に年間10億ドル売り上げ目標を達成する」見通しを示した。

 ナパブカシンは、STAT3(シグナル伝達兼転写活性化因子-3)経路の下流にある遺伝子発現を阻害し、癌幹細胞を死滅させる作用機序を示すことで、癌の完治が期待できる抗がん剤として注目されている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録