HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省検討会】がん診療連携拠点病院、指定要件は継続審議

2016年7月12日 (火)

 厚生労働省の「がん診療提供体制のあり方に関する検討会」は7日、高度な癌治療を提供するがん診療連携拠点病院を指定する要件について議論し、癌の手術件数など診療実績の9割を満たす病院を指定すべきとの考えで概ね一致した。ただ、一部反対意見が出たことから、引き続き継続して議論することとし、2017年6月に策定する「第3期がん対策推進基本計画」の内容を踏まえた上で、拠点病院の指定要件見直しを進める。18年1月をメドに指針を改正する考え。

 拠点病院は、厚労省が示す一定の条件を満たした質の高い癌治療を提供できる病院で、4月現在で全国399の病院を指定している。指定要件として、具体的な診療実績を求めており、院内癌登録数500件以上や癌の手術件数400件以上など、四つの項目全てを「概ね」満たすこと、または厚労省が指定した複数の市町村を一つの単位とする二次医療圏に住む癌患者のうち、2割程度の診療実績があることを概ね満たすことを挙げている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録