HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

3局協働が必要‐鈴木保険局長、高額薬剤問題で認識示す

2016年7月11日 (月)

“かかりつけ”は実態把握を

鈴木康裕保険局長

 厚生労働省の鈴木康裕保険局長は6日、専門紙の共同取材に応じ、中央社会保険医療協議会で議論になっている高額薬剤の問題について、「製薬企業に創薬のインセンティブを与えつつ、医療保険制度の永続性とのバランスを考えることが重要」と述べ、医薬・生活衛生局、医政局、保険局が協働して問題に取り組むべき課題との認識を示した。

 中医協での高額薬剤の議論をめぐっては、これまでの「悪性黒色腫」から「肺癌」に適応拡大し、対象患者数が大幅に増えた抗癌剤の「オプジーボ」などを例に、「医療保険制度がもたなくなる」とし、市場規模や患者数などを勘案した薬価算定ルールの見直しを求める声が上がっている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録