HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大正製薬】スイッチOTC総合感冒薬「パブロンエースAX」発売‐アンブロキソール塩酸塩を配合

2008年1月21日 (月)

関連検索: 大正製薬 スイッチOTC 総合感冒薬 パブロン アンブロキソール塩酸塩 一般用医薬品

記者発表会での上原社長とCMキャラクターの水野真紀さん
記者発表会での上原社長とCMキャラクターの水野真紀さん

 大正製薬は、医療用の去痰薬アンブロキソール塩酸塩を配合したスイッチOTC総合感冒薬「パブロンエースAX」を20日から発売開始した。同製品はアンブロキソールをはじめ、9種類の有効成分を配合し、喉の痛み、咳、痰など11のかぜの諸症状に優れた効果を発揮する。新製品記者発表会で上原明社長は、2009年4月から施行される一般用医薬品の新販売制度を踏まえ、「環境変化に対応した新製品として、自信を持って生活者に使っていただける製品だと考えている」と強調した。

 「パブロンエースAX」に配合されたアンブロキソール塩酸塩は、独ベーリンガーインゲルハイムが開発した去痰薬で、痰を出しやすくする効果に優れている。日本では1984年から医療用医薬品として使用されており、内科や耳鼻咽喉科、小児科などで広く処方されている。

 「パブロンエースAX」には、錠剤と微粒の2タイプを用意。錠剤は、服用しやすいフィルムコーティング錠で、服用量が分かりやすいよう、1回量である3錠で切れるPTP包装を採用。微粒は、粒子を小さくすると共に、粒子1粒1粒をコーティングすることで、成分の苦味を抑えて服用性を向上させるなど、製剤面でも様々な工夫を施した。

 広告展開では、CMキャラクターとして新たに水野真紀さんを起用。20日から水野さんが登場するテレビCMが放映されている。パブロンホームページ(http://www.taisho.co.jp/pabron/)では、新製品の詳しい紹介も行う。

 「かぜ治療薬としてのアンブロキソールの意義」と題して講演した東京女子医科大学第一内科の玉置淳教授は、アンブロキソールの作用に関して、「繊毛運動が増えて痰の運搬がよくなる」「水分が増えることで痰がサラサラになって出しやすくなる」ことなどを挙げ、「アンブロキソールという薬剤が配合されたことのインパクトは非常に大きい」と指摘した。

関連リンク

関連検索: 大正製薬 スイッチOTC 総合感冒薬 パブロン アンブロキソール塩酸塩 一般用医薬品




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録