HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

CRO大手、医療機器へ‐循環器や整形外科で受託

2017年2月13日 (月)

 医薬品開発受託機関(CRO)が国内の医療機器開発で新市場を開拓しようとしている。日本CRO協会の2015年会員社総売上高のうち医療機器開発受託が占める割合は2%程度に過ぎないが、医療機器メーカーも開発パイプラインを充実させつつあり、CROへの外部委託比率が高まっている。医薬品開発の外部委託市場が成熟化する一方で、CROにとって医療機器は成長余地が大きく、再生医療等製品と同じく新たな事業の柱として、受託拡大に向けた基盤構築を急ぐ。

 医療機器開発をめぐっては、「十数年前の医薬品開発の状況によく似ている」(パレクセル・インターナショナル)という。M&Aが加速し、各メーカーが特定の領域へ特化してパイプラインを強化すると共に、人員のスリム化やコスト削減の需要が高まり、固定費を抑えるための外部委託比率が高まっている傾向だ。国内では薬事法が改正され、薬機法となったことや、医薬品医療機器総合機構の審査体制が強化されるなど医療機器開発を後押しする環境が整いつつある。そんな中、CRO大手では薬事コンサルティングから臨床試験、製造販売後までのサポート強化の準備を進めている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録