HOME > 無季言 ∨ 

ミクログリアによる治療に期待

2017年2月27日 (月)

◆脳の免疫細胞であるミクログリアへの簡単な刺激が脳梗塞の画期的な治療につながる可能性が、新潟大学脳研究所神経内科の下畑享良准教授らと国立病院機構新潟病院の共同研究によって世界で初めて明らかにされた
◆簡単な刺激とは、薬剤を使わずにミクログリアを酸素とブドウ糖濃度が低下した脳梗塞に類似した環境に短時間曝露させるというもの
◆この研究により、ミクログリア細胞にこのような簡単な刺激をうことで、脳保護的に作用する善玉のM2ミクログリア細胞に変化できること、ならびにこの細胞を急性期治療ができずに後遺症が残った脳梗塞患者に移植すれば、機能回復が促進される可能性が明らかになった
◆このミクログリアによる治療が実用化されれば、慢性期の機能回復として初めての画期的な内科的治療法となる。加えて、比較的簡単な手法でミクログリアのM2化が可能なため、専門的な細胞調整センターを持たない一般病院における治療の普及につながることが期待できる。今後の研究動向に注目したい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録