HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【小野薬品】オプジーボ薬価切り下げも臨床試験は「計画通り実施」‐相良社長

2017年5月17日 (水)

相良社長

 小野薬品の相良暁社長は11日に会見し、「抗癌剤『オプジーボ』の薬価は緊急的に切り下げられたが、適応拡大のために2年前から計画している臨床試験は止めることはできない」と明言。その上で、「今期は大幅減益になるものの、必要な時期に無理をしてでも研究開発費を投資して、近い将来の売上・利益成長につなげたい」と強調した。

 オプジーボの薬価は2月に50%引き下げられることが昨年11月に突然決定し、17年度の同剤の売上高計画も縮小を余儀なくされた。

 その一方で、オプジーボの適応拡大を目的とした臨床試験のスケジュールは2年前から決定していたため、17年度の研究開発費は前期比120億円(20.9%)増の695億円を見込んでいる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録