HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【老年医学会】高齢者高血圧に診療指針‐虚弱抑制へ降圧治療を推奨

2017年7月26日 (水)

 日本老年医学会は、65歳以上の高齢者の生活機能を踏まえた血圧管理を目的とした「高齢者高血圧診療ガイドライン」の2017年度版をまとめ公表した。高齢者の降圧治療は、脳心血管予防による虚弱(フレイル)への移行を抑制する観点から推奨されるとし、降圧目標を原則65~74歳は140/90mmHg未満、75歳以上は150/90mmHg未満に設定する積極的な降圧を推奨。第一選択薬は若年者と同様に、カルシウム拮抗薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、ACE阻害薬、サイアザイド系利尿薬と位置づけた。また、終末期の高齢者には降圧薬の中止も積極的に検討することを推奨した。

 同学会は、高齢者の生活習慣病管理ガイドラインの作成を進めているところで、各ガイドラインは臨床的疑問を設定し、系統的レビューを行った推奨される診療ステップが記載されている。今回、高血圧編を「高齢者高血圧診療ガイドライン2017」として公表したもの。高齢者高血圧の診断では、血圧動揺性が大きく、白衣高血圧や仮面高血圧の頻度が高いことを考慮して行うとし、家庭血圧を含めた複数回の血圧測定で確認することを推奨した。降圧薬治療については、フレイルへの影響に関して、脳心血管疾患の予防を通じたフレイルへの移行や増悪を抑制する観点から強く推奨されるとした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録