HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

アストラゼネカの肺癌治療薬、第III相で良好な結果示す

2017年9月22日 (金)

 欧州臨床腫瘍学会年次学会(ESMO)がスペインのマドリードで開かれ、開発中の抗癌剤で最新の試験結果が報告された。肺癌領域を強化するアストラゼネカは、EGFR阻害剤「タグリッソ」、抗PD-L1抗体「デュルバルマブ」の第III相試験で良好な結果を示した。

タグリッソ‐EGFR変異陽性肺癌で1次治療の可能性

 局所進行・転移性EGFR変異陽性非小細胞肺癌を対象に、EGFRチロシンキナーゼ阻害剤「タグリッソ」(一般名:オシメルチニブ)の1次療法を検討する第III相試験「FLAURA」の結果、タグリッソは標準療法の他のEGFR阻害剤に比べ、主要評価項目の無増悪生存期間(PFS)を有意に延長した。現在、2次治療として50カ国以上で承認を取得しているが、アストラゼネカは今回の結果を受け、世界各国の規制当局と協議を行い、1次治療での承認取得を目指していく。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録