HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】ブロプレスと利尿剤合剤の製造販売承認を申請

2008年3月19日 (水)

関連検索: 武田薬品 ブロプレス 利尿剤 合剤 承認申請 高血圧症

 武田薬品は17日、ブロプレス(一般名:カンデサルタンシレキセチル)と利尿剤(一般名:ヒドロクロロチアジド)との合剤である高血圧症治療薬について、厚生労働省に製造販売承認申請を行ったと発表した。

 同社が創製したアンジオテンシンII受容体拮抗剤(ARB)のブロプレスは、国内では1999年に発売を開始。05年にはアンジオテンシンII受容体拮抗剤として、国内で初めて慢性心不全の効能を取得している。

 一方、ヒドロクロロチアジドはサイアザイド系に分類される利尿剤で、尿の排泄を促し循環血液量を減少させて、血圧を下げる効果を示す。ARBと同利尿剤を併せて投与することで、相乗的な降圧作用が得られると考えられている。

 宮本政臣武田薬品医薬開発本部長 は「ブロプレスと利尿剤の合剤が、患者さんのより良い血圧管理に貢献できるものと考えている。今回の承認申請が、ブロプレスの製品付加価値の最大化につながるものと期待している」と述べている。

 なお、武田薬品では、海外において、インスリン抵抗性改善剤アクトス(一般名:塩酸ピオグリタゾン)とビグアナイド系血糖降下剤(一般名:メトフォルミン)との合剤、またアクトスとスルフォニル尿素剤(一般名:グリメピリド)との合剤を発売している。

関連リンク

関連検索: 武田薬品 ブロプレス 利尿剤 合剤 承認申請 高血圧症




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録