HOME > 無季言 ∨ 

影響を与える要因は「人材不足」「国の施策変化」

2018年2月28日 (水)

◆中小企業の経営者は、今年の業績について、好調な日本経済を背景に「良くなる」と考えているのは5割弱で、初めて4割を超えた。産業能率大学が昨年11月に実施した、従業員6人以上300人以下の企業経営者の調査結果だ
◆今年、最も積極的に取り組みたいことの上位には、「利益率の向上」「国内の販路拡大」など積極的な施策が並んでいる一方、半数以上の経営者が「人材が不足している」と感じており、これは過去最高で、「人材不足」の深刻度が増している状況が見えてきている
◆「医療・福祉」領域に限ると、業績が良くなるは平均以下の3割弱にとどまり、6割近くが「同様」としている。また、経営活動に影響を与える要因として医療・福祉領域は、「人材不足」「国の施策変化」をそれぞれ6割以上が挙げるなど、厳しい環境が感じられる
◆今年4月からは、新しい診療報酬・介護報酬が始まる。薬局経営者にとっては「重複投薬・相互作用等防止加算」などがキーポイントといわれている。国の施策変化に柔軟に対応してほしい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録