【新製品】重症喘息で抗体医薬が登場‐抗IL-5受容体α抗体「ファセンラ皮下注」 アストラゼネカ日本法人

2018年4月25日 (水)

18日付新発売

 アストラゼネカ日本法人は、既存治療では喘息症状をコントロールできない難治性の気管支喘息治療薬の抗IL-5受容体α抗体「ファセンラ皮下注30mgシリンジ」(一般名:ベンラリズマブ)を新発売した。同社初の呼吸器領域の生物学的製剤となっている。

 ファセンラは、ADCC(抗体依存性細胞傷害)活性により、ナチュラルキラー細胞が血中、気道の好酸球を直接的で速やかに除去する針刺し防止機能付きのプレフィルドシリンジの注射剤。喘息患者の5~10%がステロイド薬などの既存薬剤でコントロール不良の重症喘息と言われているが、ファセンラの第I相試験では、好酸球が24時間以内に速やかに除去されることや、気道組織中の喀痰中の好酸球も除去することが確認されている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録