HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本調剤】ジェネリック薬使用割合が全薬局数量ベースで85%に

2018年8月2日 (木)

 日本調剤は、今年6月度のジェネリック医薬品数量ベース使用割合が、全薬局店舗平均で85%に達したことを明らかにした。これまでも全社を挙げて、経済性に優れたジェネリック医薬品の普及・浸透に取り組んでおり、国が目標とする“2020年9月までに使用割合80%”は、既に16年度に突破していた。

 同社の調剤薬局では、多くの患者にジェネリック医薬品を使用してもらうため、500品目を常時、品揃えしているほか、患者にジェネリック医薬品を積極的に紹介する活動にも取り組んでいる。こうした活動により、患者が先発医薬品からジェネリック医薬品に変更した差額を試算したところ、17年度では年間約237億円の削減効果が出ているという。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録