HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大塚製薬/大阪大学】新規CAR-T療法で提携‐多発性骨髄腫の治療法に

2018年8月24日 (金)

 大塚製薬は21日、大阪大学が開発中のインテグリンβ7の活性型立体構造を標的とした「MMG49 CAR-T細胞療法」の関連特許で独占的な実施権の許諾を受けたと発表した。今後両者は、基礎研究を実施し、多発性骨髄腫(MM)を対象に実用化を目指す。

 「MMG49 CAR-T細胞療法」は、大阪大学大学院医学系研究科の保仙直毅寄附講座准教授、熊ノ郷淳教授、杉山治夫特任教授らの研究グループが開発している新たなMMの治療法だ。癌化した骨髄腫の細胞表面で、細胞同士の接着に必要なインテグリンβ7が活性化されていることに着目し、活性化されたインテグリンβ7に結合する抗体「MMG49」を突き止めた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録