HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【PMDA調査】RMP、薬局では低い認知度‐活用に向けては研修が必要に

2018年9月27日 (木)

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、2017年度の「医療機関等における医薬品安全性情報の入手・伝達・活用状況に関する調査」の結果を公表した。医薬品のリスクに関する情報や軽減・回避のための活動を記載した医薬品リスク管理計画(RMP)の内容を理解している薬局が全体の17.4%にとどまることが明らかになった。

 調査は全国の保険薬局2925店舗、病院843施設を対象に、今年の1~2月にかけて実施。RMPや重篤副作用疾患別対応マニュアルなどリスクコミュニケーションツールの認知・活用状況、医薬品安全性情報の入手方法や伝達手段などについて調査した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録