HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

サリドマイド改訂管理手順、来年2月1日から施行へ‐厚労省が通知

2018年12月11日 (火)

 厚生労働省は6日、強い催奇形性を有する多発性骨髄腫治療薬のサリドマイドと類薬のレナリドミド、ポマリドミドについて、胎児への曝露防止を目的とした安全管理手順の改訂内容を医療機関に周知するよう都道府県に通知した。家族や医療関係者などを患者の薬剤管理者に設定できること、残薬の回収が困難な場合は薬剤師に返却する必要がないことなどを追記しており、来年2月1日に施行される予定だ。

 サリドマイドなどの薬剤では、胎児への曝露を防止を目的に安全管理手順の実施を義務づけており、6月の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会で改訂を了承後、内容の実施に向けた準備を進めてきた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報