HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【富士フイルム富山化学】癌診断薬・治療薬候補、海外開発・販売権を導出

2018年12月11日 (火)

 富士フイルム富山化学は、スイスのノバルティスグループで放射線医薬品を手がける「アドバンス・アクセラレーター・アプリケーションズ」に対し、癌診断薬・治療薬候補化合物「FF-10158」の海外開発・販売権を導出する。契約により、富士フイルム富山化学はアドバンスから契約一時金、マイルストン、ロイヤリティを受け取る。

 「FF-10158」は、富士フイルムが合成し、富士フイルム富山化学が持つ放射性医薬品の開発ノウハウを活用し、放射線同位元素を安定的に標識できることを確認した低分子化合物。悪性神経膠腫など多くの悪性腫瘍で高頻度に発現しているインテグリンを標的とし、診断薬・治療薬への応用が期待できる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録