HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東京都薬事審】次期薬乱対策計画作成へ‐併発活動の強化・充実など

2018年12月12日 (水)

 東京都薬事審議会が3日に開催され、東京都薬物乱用対策推進計画の改定などについて協議した。国は5年ごとに「薬物乱用防止5カ年戦略」を作成しており、これを受けて都でも「薬物乱用対策推進計画」を作成している。現行の推進計画は2018年度末で計画期間が終了するため、都では現在、19年度から5年間の次期推進計画の作成を進めている。この日の審議会には、次期推進計画の素案などが示された。今年度内に時期推進計画を公表する。

 現行の推進計画では対策の方向性を、▽指導・取締の強化▽啓発活動の拡大と充実▽薬物問題を抱える人への支援――の三つの柱に整理し、総合的な取り組みを実施。また、危険ドラッグ乱用の拡大を踏まえ、重点的対策を実施してきた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録