HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【味の素】疾患発症のリスク検査、脳梗塞・心筋梗塞を追加

2019年02月07日 (木)

 味の素は、2011年からサービスを開始している癌や糖尿病の発症リスクを評価するスクリーニング検査「アミノインデックスリスクスクリーニング」(AIRS)について、4月から「10年以内の脳卒中・心筋梗塞を合わせた発症リスク」の評価を追加すると発表した。これまで「現在、癌である可能性」と「4年以内に糖尿病を発症するリスク」などを評価するスクリーニング検査で用いられてきたが、1回の採血で癌、脳卒中、心筋梗塞の3大疾病の発症リスクも評価できるようになる。

 今回追加する脳梗塞・心筋梗塞の評価法は、滋賀県長浜市と京都大学大学院医学研究科が立ち上げた「ながはま0次予防コホート事業」の血液データなどを用いて技術開発を行い、事業化したもの。味の素では、同コホート事業参加者のうち約4000人の血液中アミノ酸濃度バランスを測定し、10年以内の脳梗塞・心筋梗塞を合わせた発症リスクを評価する指標を開発した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報