HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ノバルティス】CAR-T療法が国内承認‐医療機関や医師を限定

2019年03月29日 (金)

 ノバルティスファーマは26日、キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T細胞)療法「キムリア点滴静注」(一般名:チサゲンレクルユーセル)について、「再発・難治性のCD19陽性のB細胞性急性リンパ芽球性白血病(B-ALL)、再発・難治性のCD19陽性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)」の適応で承認を取得した。CAR-T療法を採用した国内初の再生医療等製品となる。細胞採取、調製・凍結、投与後の副作用管理が行える医療機関や医師のみに限定する条件付き承認となっている。

 キムリアは、患者から採取したT細胞を遺伝子導入により改変し体内に戻すことで、CD19抗原のB細胞性の腫瘍を認識して攻撃する癌免疫療法。継続的な投与を必要とせず、一度のみで治療する。米国では2017年8月に小児を含む若年成人の再発・難治性B-ALL、18年5月に成人のDLBCLに対する承認を取得している。国内の患者数は約250人を想定している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報