HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【あさひ調剤あおば薬局】電話モニタリングに効果‐副作用把握し早期に介入

2019年04月04日 (木)

 薬局薬剤師が次回来局前に患者に電話をかけて状況を聴き取る「電話モニタリング」には、薬物療法の質を高める効果があることが、あさひ調剤あおば薬局(古河市)の後藤沙矢香氏らの研究で示された。処方が変更された患者やハイリスク薬服用患者らを対象に、3カ月間実施した84件の事例を解析。そのうち、15件(17.9%)で体調変化や副作用発現を把握でき、必要に応じた介入につながったほか、治療中断も防止できたという。

 今回、解析対象とした電話モニタリングの実施患者は、昨年5~7月に来局したかかりつけ薬剤師を持つ患者428人。事前承諾を得た上で、[1]ハイリスク薬を服用し、その副作用が疑われる兆候があった患者[2]処方変更(新規、削除、増減量等)の7~10日後[3]前回来局日と処方日数から予想した来局日を2日過ぎても来局しない患者――の三つのケースについて実施した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報