【新製品】オンラインコンテンツを搭載‐「P-CUBE i Advance」新発売 ユニケソフトウェアリサーチ

2019年05月08日 (水)

 ユニケソフトウェアリサーチ(東京港区、山田猛社長)が販売するレセコン・電子薬歴・医薬品データベース一体型システム「P-CUBE i」は、調剤業務をサポートする様々な機能で多くの薬局の支持を得ているが、同社では新たなサービスを標準搭載した、レセコン・電子薬歴一体型システム「P-CUBE i Advance(ピーキューブアイアドバンス)」を、このほど新発売した。

 同社では2013年秋に「P-CUBE i」シリーズを発売したが、今後予定されている「オンライン資格確認」「電子処方箋」など、ネットワークサービスの推進が不可欠になる状況を鑑み、基本システム「P-CUBE i」に、セキュアな通信基盤であるネットワークサービスや時代のニーズを踏まえたサービスなどを標準搭載した「P-CUBE i Advance」を新たにリリースした。

 「P-CUBE i Advance」の標準搭載サービスの特徴は、[1]ユニケネットM(IPSec+IKEによる暗号化された通信で気密性を担保し、外部のトラブルを防ぐ)[2]英語おくすり説明書(外国人観光客や在留外国人向けの英語版おくすり説明書。レセコンの入力データと連携し、窓口帳票と共に印刷を行える)[3]電子調剤録(保存義務のある調剤録を電子化し、薬局内のぺーパーレス化を推進する)──など。これにより、オンラインコンテンツを活用した業務の効率化や、患者サービスの拡充を目的としたICT化の推進が期待される。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報