HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アステラス製薬】ADC初製品を米申請‐尿路上皮癌の適応で

2019年07月22日 (月)

 アステラス製薬は、米シアトル・ジェネティクスと共同開発中の抗体薬物複合体(ADC)「エンホルツマブ・ベドチン(一般名)」について、転移性尿路上皮癌の適応で米国迅速申請を行った。同社が開発したADCでは初申請となる。

 同剤は、シアトルのリンカー技術を用いて、尿路上皮癌で高発現している蛋白質「ネクチン-4」を標的とした抗ネクチン-4抗体に、微小管阻害作用を持つモノメチルアウルスタチンE(MMAE)を結合させたADC。免疫チェックポイント阻害剤による治療後に病勢の進行が認められた局所進行性・転移性尿路上皮癌を対象に、米FDAから画期的治療薬指定を受けている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報