HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アークレイ】糖尿病検査領域を強化‐将来は予防領域参入

2019年07月30日 (火)

福永善浩社長

福永善浩社長

 アークレイは24日、糖尿病検査領域の強化に向け、ヘモグロビンA1c分析装置「ザ・ラボ001」を新発売した。分析機器を小型化することで中小病院やクリニックでも使えるようにし、糖尿病専門医とかかりつけ医の地域医療連携を支援する。国内販売統括会社であるアークレイマーケティングの福永善浩社長は同日に都内で記者会見し、「糖尿病検査領域での品揃えを強化し、診断・治療から予防領域に注力していきたい」との方向性を語った。

 「ザ・ラボ001」は、キャピラリー電気泳動法を用いた独自技術で測定し、高速液体クロマトグラフィー法(HPLC法)を用いた大型装置と同程度の精度を持たせつつ、小型化した。測定時間は約90秒と診察中の迅速検査を実現している。糖尿病専門医が在籍するクリニック全国4000施設と、糖尿病外来がある1500病院に提供し、病診連携を支援する。3年間で1000台以上の売上目標を掲げる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報