X線フィルム対応のテレビシステム発売 島津製作所

2008年8月20日 (水)

 島津製作所は病院・診療所向けに、X線フィルムを用いて消化器、胸部、整形外科領域などの幅広い検査ができるテレビシステム「SHIMAVISION EX Pro」(シマビジョン・イーエックス・プロ)を発売した。操作卓を幅80cmへとコンパクト化したことから、医療施設のレイアウトへ柔軟に対応できる。価格は2400万円からで、初年度の売上目標は40台。

 この製品は3種類のフィルムに対応しており、消化管や整形領域の検査をスムーズに行うことができる。消化管検査に最適な通常の透視モード、低線量透視モードのほか、整形領域検査用の整形モードがある。透視中に観察部位を変え、体厚が変化しても輝度を安定させて画像を観察できる「オートゲインコントロール機能」が搭載されている。さらに、被曝量の低減と高画質を両立したX線高電圧装置、密着特性の高いフィルム保持機構によって、画像精度を向上させている。

 同社では、消化管検診や整形、胸部領域の検査などでアナログ画像の要求が根強いことから、今回の製品を発売したと説明している。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録