HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【がん研究セ/大塚製薬】パネル検査を共同開発‐造血器腫瘍の早期発見へ

2020年03月31日 (火)

 国立がん研究センターと大塚製薬は26日、造血器腫瘍を対象とした遺伝子パネル検査を共同開発したと発表した。造血器腫瘍に関わる454遺伝子を網羅的に解析し、癌の早期発見につなげる。今後、保険適用に向けて臨床試験を実施予定で、遺伝子パネル検査の有用性が検証された場合、大塚製薬が申請を行う。

 両者が開発した造血器腫瘍パネル検査は、初発時・再発時の小児を含めた造血器腫瘍患者を対象に、末梢血や骨髄液などの検体からDNAの塩基置換や欠失、再構成、コピー数などの異常に加え、転写されたRNAの複合遺伝子の異常など合計454遺伝子を同時に解析する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報