HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【塩野義製薬】中国保険大手と資本提携‐RWD活用で新創薬モデル

2020年04月06日 (月)

手代木功氏

手代木功氏

 塩野義製薬は3月30日、中国最大の総合保険グループ「中国平安保険」と資本業務提携に関する基本合意を締結した。今年7月末までをメドに合弁会社を設立し、リアルワールドデータ(RWD)などを活用した“データドリブン創薬”に連携して取り組む。関係を強化するため塩野義は、同グループに発行済み株式の2%に当たる635万6000株を割り当て、対価として335億円を得る。欧米等で承認を得た新薬の中国における開発・販売拠点としても合弁会社を活用する計画だ。

 中国平安保険は時価総額20兆円規模の中国最大の総合保険グループ。保険事業を中核に総合金融業を展開するほか、様々な事業に進出し、近年はヘルスケア事業にも力を入れている。各事業を通じて集積したライフスタイルに関するビッグデータを、中国最大のインターネット医療健康管理サービスプラットフォームを通じて、人工知能(AI)ドクターによる問診や医療アドバイスの提供、医薬品配送等のサービス構築に活用している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報