HOME > 無季言 ∨ 

「8割減らす」意識の差

2020年04月17日 (金)

◆新型コロナウイルス感染症への社会全体の対応について、感染症領域の専門家と一般国民の意識には差があるように思える。「人と人との接触を8割減らすことで拡大を抑制できる」との専門家の見解や真意が、どこまで国民に伝わっているのか
◆医療従事者の危機感は強い。マスクやガウンなどの個人用防護具が不足する中、懸命に医療を支えているが、この先患者が増えればどこまで持ちこたえられるか分からない。その先に待ち受けているのは医療崩壊だ
◆人の動きが止まると経済活動にも影響が及ぶ。経済と人命を同じ土俵で議論できないが、経済を優先したところで医療体制が崩壊すれば、経済活動はままならないだろう。やはり優先すべきは医療体制の確保である
◆この意識を社会全体でどれだけ共有できるかが、拡大を抑えるカギになる。都会のオフィス街では人の姿は減ったように見えるが、夜の街からは時折若者の嬌声が聞こえる。緊急事態宣言の発令から今日で10日。自粛による効果の兆しが現れてくるといいのだが。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報