HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大阪府薬】薬局の在宅推進事業展開‐病院薬剤師と相互研修も

2020年08月24日 (月)

乾英夫会長

乾英夫会長

 大阪府薬剤師会は、今年度事業として在宅医療に取り組む薬局薬剤師、病院薬剤師を対象に、薬局薬剤師と病院薬剤師の同行研修等の相互研修を実施する。47支部の地域薬剤師会を対象に、薬局薬剤師が病院退院時服薬指導などの同行研修や、病院薬剤師が患者宅への同行研修を行うことで、より良い在宅薬剤管理につなげる。17日に開いた記者会見で乾英夫会長は、地域薬剤師会に向けた事業の協力依頼を行うことを明らかにした。

 同事業は、大阪府の「薬局の在宅医療推進事業費補助金(地域医療介護総合確保基金)」を活用した取り組みで、期間は2020~22年度の3カ年を予定。具体的には、▽薬局薬剤師を対象とした病院退院時服薬指導等への同行研修▽病院薬剤師を対象とした患者宅への同行研修の実施――で、今年度は両研修ともに50人程度の受講者を予定している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報