HOME > 企画 ∨ 

【第53回日薬学術大会】発注業務を大幅に効率化‐東邦薬品「Future ENIF」

2020年10月07日 (水)

第53回日本薬剤師会学術大会
話題の調剤支援システム

東邦薬品「Future ENIF」

 東邦ホールディングスが提供する、手のひらサイズの医薬品発注・情報端末「Future ENIF」は、バーコードをスキャンしたり、商品名を検索するだけで簡単に医薬品から事務用品まで薬局に置いてあるほとんどのものを発注することができる。こうした発注業務の効率化は、薬剤師の対人業務の充実や、患者満足度アップにつながると期待されている。

 手順はいたって簡単だ。Future ENIFで在庫が足りなくなった薬品の箱もしくはバーコード表のバーコード、バーコードがないときは調剤GS1コードを読み取り、数量を入力。Future ENIFの送信ボタンを押すだけで発注が完了する。NTTドコモの携帯回線(LTE)を用いた高速通信に対応しているため、電話線やLANケーブルを差し込む必要もない。

 送信後、即座に「納品予定表」がFAXまたはメールに送られてくるため、注文内容が迅速かつ簡単に確認できる。また、在庫状況を調べ、いつ届けることができるかを「納品予定日」に記載するなど、発注前の在庫確認、在庫問い合わせにも対応。さらに、注文した医薬品に対して後発品があるかどうか、適応症の違いの有無についても一目で分かるようになっている。

 発注と同じ手順でDI情報をFAX(メール)ですぐに入手できるため、急な処方箋にも対応可能で、医薬品に限らず知りたい分割品新採用品目リストや薬価収載情報などの医療関連情報もFAX(メール)で入手可能。新薬の薬価収載、医薬品の包装変更、OTC医薬品の添付文書などの情報が充実しており、患者への情報提供に役立てることもできる。

 医薬品だけでなく、医療材料、トナー・インク、文房具(別途カウネットへの登録が必要となる)、医学書籍など必要なものを簡単に注文することができる。

 Future ENIFは棚卸機能も備えている。発注と同じようにバーコードまたは調剤GS1コードを読み取り、在庫数を入力・送信するだけで、棚卸金額を自動で計算してメールやFAXですぐに返信。手書きによる品名や数量の読み間違いもなくなるため、棚卸の手間と時間の削減につながる。さらに、棚卸結果表をExcelで自動作成し、瞬時にメール返信する機能も有する。

 1997年に発売が開始されて以降、顧客ニーズに応える形で進化を続けてきたENIFは、「ただでさえ時間のない医療機関の皆さまを少しでもお手伝いしたい」との思いから生まれた。

 同社は、既に国内で約3万3000台の利用実績がある最新機種のFuture ENIFを通して、「ゆとりを持った診療、服薬業務をお手伝いし、患者さんへのさらなる貢献に寄与していきたい」としている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報