HOME > 無季言 ∨ 

ドラマで印象に変化

2020年10月21日 (水)

◆合同会社スマスタが実施した「アンサングシンデレラのドラマによる一般人の薬剤師に対する印象の変化についてのアンケート」の結果によると、86%の人が「ドラマを見て薬剤師に対する印象が良くなった」と回答していた
◆薬剤師に対するイメージの変化としては、「薬剤師の仕事が『処方箋通りに調剤する』だけではないと知った」を挙げた人が最も多く、次いで「患者のことを考えてくれていると知り、頼りになる」「思ったよりも大変で忙しい仕事」が続いた
◆あくまでもドラマではあるが、薬剤師の仕事が世間に伝わるきっかけになったことは間違いない。これまで多くの人がイメージしていた「調剤するだけ」から、患者に寄り添い、薬の相談に乗ってくれる存在だということが認知されたのではないか
◆現在のコロナ禍でも、現場の薬剤師は不安を抱える患者への対応を積極的に行っている。ドラマの影響による好印象とも相まって、今後薬剤師を頼る人は増えてくると思うが、こうした期待に応え続ける存在であってほしい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報