HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【クオールHD】薬局の機能発揮に自信‐認定取得で価値創出へ

2020年11月19日 (木)

 クオールホールディングス(HD)は、2021年3月期中間決算説明会で、来年8月にスタートする地域連携薬局の認定制度について「既に進めている在宅医療の推進やアフターフォローなどの取り組みを生かすことができる。特に地域との連携が強化されたマンツーマン薬局が多いわれわれは、大いに力を発揮することができる」と自信を示した。

 同社の調剤薬局事業は、主力のマンツーマン薬局の強みを生かし、地域の状況も考慮したエリア戦略に基づく戦略的出店による規模拡大と、各薬局の競争力を高めていく薬局の価値創出を重点戦略として位置づけている。このうち、戦略的出店による規模拡大に関しては、▽出店による規模の拡大▽東名阪エリアを中心とした出店▽M&A基準の厳格化▽新業態店舗の推進――といった基本方針に基づき、事業拡大を継続していく考えだ。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報