HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【米モデルナ】有効性94.5%の好結果示す‐コロナワクチン第III相

2020年11月24日 (火)

 米バイオ企業のモデルナは16日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症ワクチン「mRNA-1273」の第III相試験についてデータ安全性モニタリング委員会が実施した最初の中間解析で、94.5%の有効性を示したと発表した。米ファイザーに続き好結果が得られた格好で、この結果を受け、モデルナは米国食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請する予定だ。

 モデルナが開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンは、同社と米国立アレルギー感染症研究所が共同開発したウイルスのスパイク蛋白質をコードしたmRNAワクチン。米国では100μgの接種用量で第III相試験を実施しており、3万例の被験者が登録されていた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報