HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ツルハHD】ドラッグイレブン統合作業進む‐鶴羽社長、シナジー発揮へ意欲示す

2020年12月25日 (金)

 ツルハホールディングスの鶴羽順社長は、ウェブ上で開催した2021年5月期中間決算説明会で、今期グループ入りしたJR九州ドラッグイレブンに言及。早期にシナジーを発揮するため、実務レベルで統合作業を進めていることを明らかにした。また、21年5月期の通期業績予想の修正を発表。売上高を前回予想の8600億円から9200億円へ上方修正した。

 同社は、5月28日付でJR九州ドラッグイレブンを子会社化した。鶴羽氏は、「9月16日から共同の仕入れがスタートし、仕入れ状況の改善が見込まれる。調剤部門、店舗開発部門、システム部門や管理部門等でも統合が進んでおり、これらも効率化とコスト低減が見込まれる」と説明。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報