HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日病薬】医薬品全体への信頼欠く‐木平会長、小林化工の事案に危機感

2021年01月20日 (水)

 日本病院薬剤師会の木平健治会長は15日に開いた記者会見で、小林化工が製造販売する抗真菌剤「イトラコナゾール錠」に睡眠導入剤が混入していた問題に言及。「医薬品全体への信頼性を欠く可能性があり、見逃せない重大な案件」と語った。「われわれは、製薬企業から提供された医薬品を信頼している。その信頼が損なわれることになると、何を頼りに薬物療法の有効性と安全性を担保していくのか、非常に危惧を覚える」と述べ、責任のある行動を取るよう製薬企業に求めた。

 木平氏は「今回の事案では、まず品質に大きな欠落があった。われわれは、製薬企業が品質を担保しているという前提で業務をしている。その信頼感を損なうもの」と指摘。他社でも自主回収が相次いでいるとして、品質、安定供給、情報提供という医薬品の使用に必要な3本柱が崩れていることに危機感を表明した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報