HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【インテージヘルスケア】OTC販売、感冒薬不調続く‐20年11月度、感染予防策定着で

2021年02月01日 (月)

 インテージヘルスケアは、全国の一般用医薬品()販売動向調査データをもとにした2020年11月度「市販薬(OTC)市場トレンド」を発表した。それによると、11月の販売金額は890億円で前年同月比95.9%と減少した。過去5年間の11月の販売金額の平均を100とした場合の指数では、最低水準の97.0という状況。同社は、「売上シェアが大きい総合感冒薬が、感染症予防対策の定着により不調が続く中、全国的に高い気温によって、さらに売れなかったことが要因の一つと考えられる」と分析した。

 今回、好調だった薬効を見ると、皮膚用薬(殺菌消毒剤を除く)の販売金額が69.6億円で前年同月比112.8%と増加した。消毒による手荒れに悩む人が多かったことが想定されたほか、11月は空気の乾燥傾向が強かったため、手荒れへの保湿を訴求した製品が152.6%、ひび・あかぎれを訴求した製品は117.4%と好調だった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報