HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【臨床研究部会】不正対応遅れ指摘相次ぐ‐阪大など研究論文改ざん

2021年03月12日 (金)

 3日の厚生科学審議会臨床研究部会では、大阪大学病院などが行った特定臨床研究の参考論文に改ざんなど不正行為が確認された事案について、発覚から対応まで2年半かかった遅さを指摘する声が相次いだ。組織の硬直化を懸念する声なども出た。厚生労働省は、これら意見を病院側に伝え、再発防止に向けた対応を求める考え。

 厚労省は、2月に阪大病院が不正事案に関して公表した報告書を提示。具体的には、阪大病院を代表施設とし、先進医療として実施していた特定臨床研究「非小細胞肺癌手術適応症例に対する周術期hANP投与の多施設共同ランダム化第II相比較試験(JANPスタディ)」の参考論文で、捏造や改ざんの不正行為が確認されたもの。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報