HOME > 無季言 ∨ 

プロボクサー大沢宏晋

2008年11月19日 (水)

◆介護士の資格を持ち、日頃は高齢者宅を回るプロボクサーの大沢宏晋選手(日本ライト級ランキング8位)は、デビュー時から、ファイトマネー全てを大阪市障害者福祉・スポーツ協会や介護施設などに寄付している
◆高校3年からボクシングを始めた大沢選手が、プロボクサーと介護士の“二足のわらじ”を履くようになったのは、「常に介護福祉関係の仕事をしている父の姿を見ていたから」だ。親の背中を見て子は育つとは、まさにこのことだ
◆「日本か東洋のチャンピオンベルトが欲しい」と抱負を述べる大沢選手だが、激しいボクシングのファイトの根源は「介護士の仕事をして喜んでくださる老人の笑顔にある」と言い切る。普段の厳しいトレーニングによる精神的・肉体的疲れも、老人との触れ合いによって癒されることが多いという。反対に、大沢選手が行うご飯の調理や清掃、デイサービスによって、勇気づけられている老人の数も少なくないようだ
◆近年、在宅医療への薬剤師の貢献が期待されているが、大沢選手同様に「患者が喜ぶ顔」を活力源にして、しっかりと地域医療に貢献してほしい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録