HOME > 企画 ∨ 

【日本薬学会第141年会】日本薬学会・韓国薬学会合同シンポジウム‐Med Chem Corona:COVID-19治療薬創製研究の最前線

2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要

オーガナイザー
 林良雄(東京薬大薬)
 土井隆行(東北大院薬)
 大野浩章(京大院薬)
 平井剛(九大院薬)

 日本薬学会国際交流委員会の活動に2国間交流事業があり、年会では2年に一度、・韓国薬学会の合同シンポジウムを開催し、韓国薬学会との交流を深めている。

 本年は医薬化学部会が担当し、Med Chem Coronaと題して、世界に深刻な影響を及ぼしている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬開発に向けたシンポジウムを企画した。

 両国から、抗ウイルス薬創製研究の最前線で活躍する4人のシンポジストを招聘する。ソウル大のLak Shin Jeong先生、光州科学技術院(GIST)のYong-Chul Kim先生、国立感染研の渡士幸一先生、鹿児島大の馬場昌範先生である。

 S-アデノシルホモシステイン加水分解酵素阻害剤やプロテアーゼ阻害剤の創製、化合物ライブラリーからの抗SARS-CoV-2化合物の探索をご報告いただく。

 COVID-19克服への両国薬学の貢献を討議する素晴らしい機会になると思われる。

 (林良雄




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報