HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【文科省検討会】製薬企業との連携義務化‐シーズ開発、疑問相次ぐ

2021年04月21日 (水)

 文部科学省は、14日の「産学連携による医薬品・医療機器等の研究開発推進のあり方に関する検討会」で、アカデミア発シーズの開発が進んだ段階でアカデミアと製薬企業の連携を義務化すべきとする案を示した。優れたシーズの実用化加速を狙ったものだが、製薬企業にとっては開発の自由度が低下する可能性もあるため、義務化を疑問視する声が委員から相次いだ。

 この日の検討会で、文科省が産学連携による医薬品の研究開発推進に向けた対応策を提示。具体的に、日本医療研究開発機構(AMED)の「橋渡し研究プログラム」で採択されたシーズの実用化を加速するため、開発が進んだ段階で製薬企業との連携推進を義務化し、各シーズの研究開発体制を強化すべきとした。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報