HOME > 無季言 ∨ 

「原則は対面販売」

2008年12月10日 (水)

◆一部のインターネット販売業者や規制改革会議が、全ての一般薬をインターネットで販売できるように要求している問題で、薬業団体、生活者団体、薬害被害者団体などは即座に反応した
◆いずれも「対面販売が原則である」との考えを強調し、インターネット販売については、「禁止すべき」あるいは「現時点では慎重であるべき」との考えを示している。各団体ともインターネット販売では、生活者に対する安全・安心が確保されていないとする主張が共通している
◆一方、インターネット販売業者側は、インターネット販売等で第3類を除く一般薬の取り扱いを禁止することは、生活者の利便性を損ない、規制改革の流れに反するなどと指摘している
◆だが、ネット販売業者の要求については、最後の最後で横槍を入れてきたという感は否めない。生活者団体などが、インターネット販売について新たな検討の場を設けて、とことん議論を重ねるべきだと主張するのはもっともなことだ。約4年間に及ぶ「一般用医薬品販売制度」の改正に関する議論・検討を、無にしてはならない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録